美容液クレンジング

美容液クレンジングをより効果的に使う為には?

美容液クレンジング

美容液クレンジングは商品によって使用方法が異なるので、

基本的にはその通りに使うようにしてください。

 

ですが、どの商品も共通した効果的に使う方法、
気を付けたい事
があります。
それらを確認するためにもまとめてみました。

 

 

美容液クレンジングの使用方法

 

美容液クレンジング

 

商品により細かい部分は異なるものですが、大体の使い方は
同じなので流れをご紹介します。

 

@手にクレンジングを取る
A広い所から優しくお肌に塗り伸ばす
B小鼻は優しく指の腹で馴染ませる
C洗い残しが無い様にしっかり流す

 

目元は乾燥しやすく肌が薄いので、最後に塗るのが良いですが
アイメイクが濃い場合は最初に馴染ませて良いでしょう。

 

また、ポイントメイクは専用のリムーバーで先に落としたり
目元だけ2度クレンジングする方法もあります。

 

普段のナチュラルメイクなら問題なく落とす事ができるので、
特別濃いメイクをしている時は他のリムーバーにも頼るといいでしょう。

 

 

濡れた状態でも使える?

 

美容液クレンジング

 

クレンジングは濡れた状態でも使える物とそうではない物があります。

 

汚れを落とす為に配合している界面活性剤ですが、油を
馴染ませる働きによりメイクや皮脂を落とすんです。

 

しかし、水が一度混じり乳化するとクレンジング力が落ち、
メイクとよく馴染まなくなって汚れが落ちにくくなります

 

界面活性剤を含まないクレンジングでも、油分を配合している
クレンジングは水が入るとクレンジング力が落ちる為、濡れている
状態でも使用したい方はオイルフリーのものを選ぶと良いでしょう。

 

ただ、濡れた状態でも使えるクレンジングでも
濃いメイク、アイメイクを落とす場合には濡れていない状態で
使用した方が良いです。

 

多少の水が入っても問題無い様に作られている商品はもちろん
ありますが、なるべく乾いた状態で使いましょう。

 

逆に、水と混ざっても平気な商品であっても水で混ざる分
クレンジングが薄くなるので、どちらにしろ乾いた状態で
使うことをおすすめします。

 

濡れた状態で使えるかどうかはまず商品を購入する前に
確認しておくと良いでしょう。

 

 

クレンジング時に気を付けたい事

美容液クレンジング

 

肌に優しくクレンジングをするためには、強くこすらない事が大切です。

 

美容液クレンジングには汚れをこすらず落とせるものが多いのが特徴。
じっくりと汚れと馴染ませる事で強くこすらなくてもスルンと
落とす事が可能です。

 

クレンジングをすすぐ時には熱めのお湯を使用すると皮脂を多く
落としてしまうので、ぬるま湯を使いましょう。

 

皮脂を熱い湯で落としてしまうと乾燥し、洗い上がりの
「つっぱる」感じを引き起こしてしまいます。

 

乾燥はあらゆる肌トラブルを起こす元になりますから、たかが
「すすぎ」とはいっても最後まで油断せずにケアをしましょう。

 

 

美容液クレンジングは美容成分を豊富に含むという特徴があります。
皮脂汚れやメイク汚れを落としながら美容成分を浸透させ、
美肌へ導く効果に期待ができるので、美容に気遣いたい方は
美容液クレンジングの購入を考えてみてはいかがでしょうか?